ブランド好きさんにうれしいお知らせ

ブランド商品を安く買う方法

ブランド買取の豆知識。需要が少ない前のモデルは狙い目の一つ

ブランド買取の豆知識として、ブランド品を意外と安価に購入する方法があります。その1つが、前のモデルを探すことです。新しいモデルが発売されると、新仕様や新デザインに注目が集まり、前のモデルは需要が少ない物になります。ブランド買取の現場でも査定額の相場は下がるものです。お店としては売れにくい物の在庫を処分したいので、価格を抑えて販売するようになります。この為、需要が少ない前のモデルは安価に購入できるのです。

例えば、毎年新しいモデルが発表されるブランドであれば、新しいモデルの発表時期に毎年チャンスがあります。購入先は、自分が馴染みのあるお店とインターネットショップとの、2つを探すと良いでしょう。自分の身の周りのお店に、意外と欲しい物を置いてある事があるものです。例えば、事前にアウトレット品を取り扱っているお店を探しておけば、役に立つこともあります。

インターネットショップを利用する際は、欲しいブランド品に関する情報を細かく調べるのが大切です。商品名がアルファベットの場合はカタカナ表記がブレやすい為、注意が必要になります。検索で出てきた複数のカタカナ表記は、それぞれ別に検索してみましょう。また、商品名だけでなく型番を検索してみます。型番もハイフンを省略する等の表記ブレがありますので、商品名同様にそれぞれ検索してみましょう。これらだけでも、有望な購入先が多く見つかるはずです。

その他にも、ブランド品の通称等も検索してみる、商品名とカラー名で検索してみる、ワード検索だけでなく画像検索も利用してみる等、とにかく検索語句を組み合わせて情報の収集源を増やすのが大切です。普通に検索しているとヒットしにくいお店や、検索結果画面に表示される順番が後ろの方にあるお店もあります。検索語句を組み合わせれば、ヒットしにくいお店を探し出せますし、検索結果が並べ替えられるので、目立ちにくい店舗を見つけやすいものです。

注意として、インターネットショップの場合は、偽物を取り扱うサイトに気を付けましょう。全モデルが販売されているような品揃えが良すぎる所、全商品が相場より安過ぎる所、日本語の表記が不自然な所、ショップ情報が乏しい所等、スタッフの顔が見えにくい店舗には気を付けるべきです。

ブランド買取の専門家でも、本物のブランド品と偽物とを画像だけで見抜くのは難しいものです。ブランド買取の現場で手に取って物を見る場合は、タグや細かな仕様等の情報源があります。しかし、画像だけでは、それが商品を撮影したものかどうか区別もできません。中には、保証書も含めて偽物という物もあり、ブランド買取の専門家でも見分けが付きにくい物があります。

日頃から情報を集め、購入店舗を注意深く選べば、ブランド品は意外と安価に購入できるものです。偽物を選ばないように気を付ければ、欲しかったブランド品を予算内で手に入れるのは難しくありません。